頭皮乾燥に対する対策方法

頭皮乾燥が進むと皮脂が溜まりやすくなり、フケやかゆみの原因となります。また、頭皮乾燥が進むと毛根に皮脂が溜まりやすくなり、髪にもダメージを与えてしまいます。
そこで頭皮乾燥を防ぐために、いくつか対策をとる必要があります。まず最初に取り組むべき対策が、「シャンプー」です。

肌に対して強すぎるシャンプーは、本来頭皮に必要な皮脂や保湿成分も洗い流してしまう原因となります。そこで、洗浄力が強すぎないシャンプーを使うようにします。ただし肌に良いシャンプーを選んだとしても、爪を立てて洗ったり、頭皮をゴシゴシこすってはいけません。

強い力で洗ってしまうと、その分肌を傷つける原因となってしまいます。
シャンプーをするときは優しく、頭皮をマッサージするように洗います。


シャンプーと洗い方を見直したら、次にできる対策が「髪の乾かし方」です。



濡れた髪が乾くとき、頭皮や髪に含まれる水分も一緒に蒸発します。自然に乾燥させようとすると余分な水分も蒸発してしまうため、できるだけドライヤーを使用します。

ただし、ドライヤーの熱はとても強いものです。タオルである程度水分をとってから、なるべく短時間でドライヤーを済ませるようにします。
また乾燥が気になる時や、髪のダメージが気になる時はトリートメントの使用も有効です。

ガジェット通信関連情報を解説します。

トリートメントを使用すると髪に栄養を与えるだけでなく、熱から守ってくれるものもあります。
髪をいたわることで、頭皮へのダメージも少なくなります。